読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単身赴任の食事について工夫してみましょう

f:id:roadbikemall:20170203233226p:plain

 

 

 

 

 

私は単身赴任をしてから2年がたちます。

 

もともと食事の準備などを自分でしたことなどありませんでしたので正直これには困りました。

 

とはいえ、むかしからコンビニ弁当やスーパーのお弁当を好んで食べることもなく、ファーストフードも苦手というタイプでした。

 

要するに子供のころから独立するまでは母親、そして間髪入れず結婚したのでそれ以来は家内に手料理という環境に慣れていたのです。

 

また、定食屋などに行けばすきなものもたくさんあるのですが、むかしから一人で飲食店に入ることがおっくうでなかなかこれもできないというありさまです。

 

そこでできるだけ自炊をするように心がけるようにしました。

 

まずは白いご飯は自分で3合ずつ炊いて、あまった分は冷凍保存という形をとりました。

 

そしてスーパーでお惣菜を購入してきては一緒に食べるというライフスタイルにしたのです。

 

朝食についてもコーヒーとヨーグルト、そしてフルーツは必ず摂取することにしました。

 

これで何とか最低限の栄養分の摂取はできるようになったのです。

 

とはいえ、毎日一人でこれを継続していくことはなかなか難しいところです。

 

もちろん、毎月1回の帰省による家内の手料理は一番の楽しみであるといえます。

 

単身赴任にもある?向き不向き?

f:id:roadbikemall:20150828131009j:plain

 

 

 

 

 

過去に私が働いた職場では、単身赴任をしている人も結構いました。

 

その人は正社員であり、家族がいるけれども家族は地元に残して、こちらに単身赴任をしている状態になっていたのです。

 


その人に単身赴任をしている現状というのを聞きましたけど、そこまで苦ではないといっていました。


たしかに、家族が離れている状態で暮らすのはさみしい気持ちがあったり、コミュニケーションをとるのが電話中心になってきますので、そこはすこし大変な部分とは言っていましたけど、連休は取れるし、その時に帰宅して家族とコミュニケーションをとっているのであまり問題ないらしいのです。

 


また、その人は、単身赴任する事によって、さまざまな土地に住めたり、観光地などもまわる事が出来たりという事で、楽しさもあるといっていたのです。ですので苦ではないのかと思ったみたいです。

 


仕事の中や仕事の休憩の時の表情を見ても、仕事を楽しんでいるような感じがしましたし、笑顔も沢山見受けられたので、やはり単身赴任自体はそこまで嫌ではないという事も感じとれました。

 


人によっては、単身赴任を楽しんでいる人もいるという事で、そいういう人が単身赴任に向いているのかというのを感じる事ができたのです。

 

夫が単身赴任を頑張れた理由

 

f:id:roadbikemall:20170203233226p:plain

 

 

 

 

 

最初単身赴任をとても嫌がっていました。

 

 

ついてきてほしいと言われたのです。でも私は寒さが苦手です。それなのに北海道へなんて行けません。だから夫の単身赴任が始まったのです。

 


夫は一人で生活できないと、とても弱音を吐いていたのです。

 

でもなんとか三年間の単身赴任をできたのには理由があります。それは私が陰で夫を支えていたからです。

 

毎日のメールと電話をしていました。そして手紙も書いていたのです。

 

そう言ったサプライズ的な事が、夫にはとても嬉しかったみたいです。

 


私は一か月に一回は夫の元へ行っていました。でも日にちは伝えていなかったのです。

 

これもサプライズです。三日は泊まって、掃除をしたり手料理を食べさせたりしました。まるで遠距離恋愛しているカップルみたいで、とても新鮮で楽しかったです。

 

もちろん単身赴任はとても厳しかったに違いありません。寂しそうにしていたのです。

 

だから私は夫には頑張れと言う言葉は言った事はありません。頑張らなくてもいいからです。夫が楽しめればそれでいいから、私は工夫をしていろんなサプライズをしたのです。

 


宅配便でいろんなプレゼントを送りました。何が届くかはお楽しみです。そんな楽しみもあって、夫は何とか単身赴任を終える事ができたのです。

 

子供がいなくても単身赴任の時もある!

f:id:roadbikemall:20170205000112g:plain

 

 

 

 

電気工事会社に入社した時の条件である。「筑波研究学園都市の工事が始まったら工事が終わるまでの3年間学園都市に出張してもらう」の筑波学園都市第10回設備工事が始まったのは、私が、新婚で24歳の時でした。

 

断ることも出来ず妻と相談した結果、当時住んでいた横浜よりも妻の実家である栃木県の方が職場の筑波学園都市に近いということで、工事が完成するまで妻は実家に帰る事にしました。

 

休日は、必ず妻が車で宿泊施設として使っていた住宅公団の団地まで車で迎えに来てくれてデートをしていたので結婚前の恋人気分で単身赴任とは、思えぬ充実した出張でしたが私が担当していた建物はA・B/C・D・E棟と4つある中の一番最新技術必要なC棟でした。

 

工事が終盤の完成間近になると、休みもないほど忙しくなり最後の1年間は、仕事が終わってからバイクで暗い道を栃木県まで会いに行く程度でした。

 

そのためか工事が完成し、横浜の二人でのアパート暮らしが始まった時の感激は、今でも忘れられません。

 

この経験によって、会社で出張工事を受注した時は、再開の喜びのため、率先して私が担当する様にしました。例を上げると上越新幹線電気工事菜館トンネル電気工事等で再開の喜びを味わいました。

 

単身赴任の食事について冷凍保存ができる料理を作って送っていました

f:id:roadbikemall:20170203233226p:plain

 

 

 

 

私の主人が単身赴任をする決まった時、少し心配をしている事がありました。
それは、食事についてです。

 


主人は自分で食事をつくる事が出来るのですが、栄養面に関して、あまり意識をせずに、つくる事があったのです。

 


そのため、単身赴任をする時も、栄養バランスの悪い食事になるだろうと、心配をしたのです。

 

そのため、食事について野菜等を豊富に取る事ができるように、私が料理をしたものを宅配で送るようにしていました。

 


そして、冷凍保存をしてもらうことにしたのです。


すると、野菜等栄養バランスを考えた内容とすることができました。

 


そして、そのようにして食べてもらっていました。

 

主人もその食事を気にいっていたらしく、なくなったら請求をしてくるようになりました。

 


そのことは、とても良かったと思っています。

 

主人の場合は、検診でも指摘をされていたコレステロール値も気になっていました。


そのため、脂の少ない肉を使用した料理を、つくるようにしていたのです。


そのようにした結果、なんとか健康管理ができたと思っています。

 

 

現在は、自宅に帰ってきているのすが、またいつ単身赴任となるのかわかりません。

 


その時も、また同じように冷凍できるおかずを、たくさん送ろうと思っています。

 

単身赴任は夫婦共に大変です

 

f:id:roadbikemall:20100724133649j:plain

 

 

 

 

 

友人の会社員(男性・30代)で、奥さんと幼稚園生の子供がいる単身赴任の人がいます。

 


友人は、大学を卒業して新卒で入社が決まりました。


そこは大企業で、全国に支店があり、転勤の多い企業だったのです。


自分は同じ大学の同級生で、実家がある地元に帰って、就職しました。


友人は独身時代は、転勤はあまり苦痛ではないようでした。

 


一人暮らしで、荷物も少ないですし、性格的に明るいので、転勤してもその職場ですぐに同僚と仲良くできるタイプです。


友人は、独身時代に、2回ほど転勤があり、30歳で結婚しました。


子供ができた時は丁度、東京の本社勤務でした。

 


それから、3年位で、転勤の辞令が出たようです。


奥さんは、非常にまじめな性格の人です。


私の友人と異なり、新しい環境になじむのに時間がかかるタイプです。

 


そこで、家族そろって引っ越しするのをためらって、奥さんと子供を残して、単身赴任をしたのです。

 


しかし、奥さんも、子供と二人で自宅に残されていると不安になるようで、しばしば夫に電話をかけるようです。

 


夫は週末には家族の元へ帰るので、金曜の仕事終業後はすぐに自宅へ向かいます。


新幹線で、1時間位のところなので、毎週末、家族に会っているようです。


特に子供に会いたいと言います。


子供が幼稚園に上がった頃に、丁度単身赴任になってしまったので、子供が夫の方になついていないのです。

 


奥さんは、やはり単身赴任中の夫の浮気が心配なようです。

 


色々と、気持ちのすれ違いが生じてしまうものだと、その友人がこぼしていました。


それでも、「子はかすがい」と言って、休日には家族で外出したりして上手くいっているようです。

 


僕自身は、結婚していますが、転勤のない会社なので、毎日毎日妻と顔を合わせています。


時々、単身赴任を羨ましいと思ったりもします。

 


実際には、単身赴任は夫婦の両方に負担をかけると思います。

 

 

 

 

家族の単身赴任の有効活用

f:id:roadbikemall:20150828131009j:plain

 

 

 

 

 

 

現在、父が東京へ単身赴任しています。


こちらへ戻ってくるのは、大体1ヶ月に1度といったところ。

 


このように、至って普通の単身赴任の環境だとは思いますが、我が家では、単身赴任はある意味で「活用」するものとなっていたりします。

 

どういうことかと申しますと…


東京へ遊びに行った時の、宿泊先としてです。

 

 

現在、父が住んでいるアパートは決して広いとは言えないのですが、1、2人なら何とか寝ることができるくらいの広さです。

 


しかも、周辺環境が良く、山手線の駅が徒歩圏内とアクセスも良好なので、観光や、東京からさらに出かける日帰り小旅行などで移動する場合にもとても便利なのです。

 


何よりも、宿泊費が節約できるというのが一番のメリット。


…というわけで、ありがたく利用させてもらっているわけです。

 


「迷惑かもしれないなあ」と、若干の申し訳無さもあるものの、仕事が休みの日には父も一緒に出かけたりと、父もこの状況は満更ではないようです。

 

 

単身赴任は物理的な距離だけでなく、どうしてもある程度の精神的な距離も生まれてしまうところがありますよね。

 


しかし、考え方を変えると、単身赴任はむしろ「便利」なものともなり得ると思います。


家族の単身赴任先によってもどのように「活用」するかは異なってくるとは思いますが、皆さんも、離れて暮らす家族の住居を「第2の家」と考えてみてはいかがでしょうか。